【3/19(金)開催!慶應人事登壇】佐藤製薬オンラインキャリアセミナー

■佐藤製薬とは

「ユンケル」「ストナ」などでおなじみの佐藤製薬は1915年に創業し、2015年で100年を迎えた製薬会社です。「ヘルスケア・イノベーション」という企業理念のもと、生活者のニーズに合わせた独自性の高い製品の開発に注力し、スイッチOTCからサプリメント、特定保健用食品など、幅広く商品を取り揃え、生活者の健康を様々な面からサポートしている企業です。

佐藤製薬では、文系、理系問わず様々な社員が活躍中。中でもMR職は、OTC医薬品担当と医療用医薬品担当がおり、薬学部出身者だけでなく、文系出身者も多数在籍しております。そんな個性豊かなサトウの営業力を支えるのは、定期的な学術研修を始めとするバックアップ体制。年々研修も充実しており、将来、会社の中枢を担うことが期待されるMR職が、個性と専門性を兼ね備えたプロフェッショナルに育っています。佐藤製薬には、薬学の知識はもちろん、それまで培ってきたコミュニケーション力、プレゼンテーション力、マーケティングの知識など、それぞれの能力を活かして挑戦できる場があります。

■本セミナーについて

今回は、佐藤製薬で働く慶應OBOGをお呼びしてのセミナーです。製薬会社での働き方はもちろん、就職活動体験や座談会を通じて、プラスの雰囲気を体感できる場となっています。またセミナーにご参加頂いた方限定のご案内もありますので、ぜひご参加ください。

【セミナー登壇者のご紹介】

児島 有伸(2017年入社)

総務部 人事課
給与業務、新入社員研修など(元OTC医薬品MR担当)を担当

2017年環境情報学部卒業
学生時代は体育会競走部(陸上部)の副主将としてチームのマネジメントに奮闘し、“目標”“プロセス”“結果”に拘りながら活動を行っていました。

 

大島 央子(2019年入社)

製品発売管理部 表示管理課
医薬品の添付文書やパッケージの表示、HPの多言語情報の管理を主に行っています。

2019年 薬学部薬学科業
医薬品情報学講座で、CRC(臨床研究コーディネーター)も被験者ケアにおける課題の研究を行っていました。

当日はOBOGに加え、人事社員が登壇いたします!

 

【当日のアジェンダ】

・開催趣旨と登壇社員の簡単な自己紹介
・学生時代なにをしていたのか、就職活動をどのようにしていたのか
・会社説明、佐藤製薬での働き方について
・学生時代の学びが、どのように仕事に活きているのか
・質疑応答

【日時】

3月19日(金)10:00-11:00@オンライン

【参加費】

無料

【お申込方法】

①三田会LINE@をご追加後、案内に従いGoogle Formにて三田会会員登録
※既にご登録済みの会員は②にお進み下さい。
②「セミナー情報」とメッセージ送信すると、セミナー案内が届きます。そちらのフォームより応募ください。

友だち追加